お彼岸には、犀川神社にお参りします

じゃらん爺

お彼岸のお参りといえばお寺さんが定番ですが、私はひねくれ者で犀川神社にもお参りしています。

150318-023場所は犀川沿いで、片町犀川大橋から川下へ二百メートル。
ジョギングコースの出発点でもあります。

「お彼岸に、なんで神社なんや」と聞かれれば、
「昔は神仏習合が当たり前やろ。昔に戻ってみただけや」と、答えます。
中村町の春日社の分社らしいけど、この神社については、そんな由緒や歴史は気にしません。
この場所が大事なんです。この場所を守ってくれている犀川神社さんに感謝申し上げます。

以前から気にかけていた桜を見に来ました。
犀川神社の十月桜五分咲きでしたが、最近気温が高いので土曜日、春分の日には八分咲き位になるでしょう。
うまい具合に宮司さんが境内を掃除されていたので、桜について尋ねてみました。
宮司さん曰く、この桜は名前が十月桜で、春と秋、二回咲くそうです。
私は内心驚きました。
誰にも言わず、心ひそかに春と秋のお彼岸参りを決めていたので、この偶然は何なのか。
宮司さんに、一般的なソメイヨシノではなく十月桜を植えた理由をお聞きしたかったが遠慮しました。
唐突な質問をして、変人と思われたらまずいやろと、思ったからです。
変人には間違いないのだが、季節は春なので、よりいっそう自粛した方が誤解を生まないですむ、と思ったしだいです。

犀川神社今週末、片町へ出かけられたら、散歩がてらにお参りされると、心が晴れること請け合いです。

« »